鹿児島県出水市の泉公益社では、少人数の家族葬から大規模なご葬儀まで様々なご要望に対応させていただきます。

 

お葬式講座2

   
菩提寺への連絡・かけつけ
 
打ち合わせ家紋の確認になります。
   
『かけつけ』とはお寺様へ訃報のお知らせをすることです。志をご用意してお寺に読経のお願いに行きます。
 
かけつけに行く前に先に通夜・告別式の日時を打ち合わせにて決め手から、それも併せてお寺様にお知らせに伺います。
お寺様のご都合や火葬場の状況によって日時が左右されることもありますので、そのあたりの取決めは担当者が仲介に入りますのでご安心ください。
 
この時に、告別式終了後に初七日を行なう予定が決まっていれば、お寺様にご予約を入れ早めにご相談されていたほうがよいでしょう。
 
それと家紋等も会葬礼状に必要となってきます。
絶対ではございませんが、初盆のときには迎え火の門提灯を作る際に必要となりますので、前もって知っておいてもよいかと思います。
 
   
葬儀社との打ち合わせ
お葬儀はほとんどの場合初めての方が多いと思います。
また、前回父(母)の葬儀があったとしても、5年10年も経ってしまうとすっかり忘れてしまい初めてと同じ状況です。
お葬儀をよくわかる兄弟、親戚等が同席をして葬儀の規模等を決め進めていけば、後でこんなはずではなかったと後悔することは少ないでしょう。
   
打合せで決める内容
葬儀社選び
葬儀に関することはほとんど葬儀社に一任することになります。
しかも費用もかかりますので、信頼できる葬儀社を選ばなければなりません。
回りの人に聞いてみるのも良い基準になると思います。
 
葬儀の場所
自宅葬か斎場葬になりますが、負担がかからない斎場葬をお勧めします。
 
会葬者の予測
お断りをしないかぎり、故人や遺族の会社関係・学校関係・知人友人・隣近所などの方々が
お参りに来ると思います。
お礼品・通夜菓子等の準備のため少し多めの数を見積もっておきましょう。
(弊社では一個単位で品物が返品可能です。)
 
葬儀の費用
葬儀費は、飲食代なども絡むので葬儀事態終わってみないと正確な金額は出ないものです。
話し合いの段階で、「大体これくらいの予算で…」と、担当者に仮の見積書を出してもらうと安心だと思います。
お布施のことも考えておきましょう。
ご予算をご提示して頂けたら、担当者がお客様の状況に応じたお葬儀内容をご提案致します。
 
 
 
遺影写真
遺影は葬儀終了後も何十年と仏間に飾りますので、皆様が納得されたもの、画質の良いもの、大きく写っているものを選びましょう。
 
献茶のお手伝い
自治会によってはお通夜・お葬儀等の取決めをされてるところもあります。
受付や献茶のお手伝いをお願いする場合は、お通夜時のお食事の手配や、葬儀後に
公民館等で反省会を開くところもあります。
また、遺族の住まいが地元でない場合は、地域の仕組みがわかりませんので自治会長さんに相談や確認
をしてみましょう。
   
ご親族の中にお世話役をしてくれるかたを決めましょう。
通夜式がはじまり、お葬儀が終わるまで喪主またはご遺族は会葬者への挨拶や、親族の対応、
葬儀社スタッフからいろいろ聞かれたりすることもしばしばあります。
ご遺族に代わって、てきぱきと行動できる方がいらっしゃればご遺族の負担はかなり
軽減されると思います。
 
 
<<株式会社 泉公益社>> 〒899-0201 鹿児島県出水市緑町40番45号 TEL:0996-62-0720 FAX:0996-62-7626